忍者ブログ

Here We Go !

6年越しで1級建築士get! そして次のステップに向けて邁進中!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月11日

今日はあの忌まわしい事件の日でした。

5年前の今日、丁度仕事を終えて家に帰ったら、ニュースステーションの時間でした。
あのときの報道はすごくよく覚えています。
自分の中でこの無差別の事件に対するものすごい憤りを覚えた記憶もあります。

が、なぜこの事件が(多分みんな記憶に残っていると思いますが)僕の中でもものすごく記憶に残っているかというと・・・。

この年は僕は嫁と結婚した年でした。
入籍はもう既に済ませていましたが、仕事の具合となんとなくのイメージで、この年の12月にハワイで挙式をする予定になっていました。

両家の家族も含めてみんなでハワイ旅行をかねてということで計画をしていましたが、そんな最中この事件が起きました。
その後の報道で、確かアメリカの警戒レベルが上がったとか、アメリカ方面への旅行を控えろとか、そういった報道が確かされたと思います。
我が家の計画も確かその波をもろに受けました。
同じような人達のキャンセルが相次いでいることを旅行会社のほうから連絡をもらったと思います。
最悪はアメリカへの渡航が出来なくなることもある、と言われたと思います。

時期こそ決めていなかったけど、付き合っていた頃から漠然と「挙式はハワイ!」と決めていたので、この話はかなりへこみました。
事件から3ヵ月後にアメリカ渡航・・・。
どう考えても行けないかな?と。
なによりまず両家両親に反対されるんじゃないか?と。

でも、両家両親は、度胸が据わっていたのか無関心なのか、「どうする?」という問いかけにも特に「駄目!」という返答はなかったです。
あの時、どちらか一方でも「危ないから行かない」とか「行くな」とか言われたら、この計画はボツとなっていたでしょう。

そう考えると、ほんと、両家両親には感謝です。

結果的に行くことは出来ましたけど、警備は厳重(特に日本→ハワイよりハワイ→日本の方が、だったかな?)、ホノルル空港は常にライフル携帯の軍人さんがあっちにもこっちにも。

それに、あちらの観光業の方々は大打撃だったようです。
個人でやっている方たちも結構いらっしゃるようでしたが、あの事件以後、客がめっきり途絶えてしまって廃業に追い込まれた個人ツアー経営者が結構いたそうです。

僕にとってこの事件は、こんな記憶を思い出す事件でもあります。

どうして平和な世の中にならないんでしょうかね?

ジョンレノンが望んだ、「国境のない世界」「宗教のない世界」
そしてなにより「みんなが平和に暮らしている世界」が
いつの日か、現実になることを願います。
PR

コメント

無題

真夜中にお邪魔しま~す!
ハワイでの挙式、無事に出来て本当に良かったですね。

あの事件、アメリカではまだ終っていない様ですね。粉塵による"救助活動されてた方々"への被害が拡大されてる様です…。
イラクもまだまだ終結しそうにありませんしね。

武力にでても何も解決なんてされないのにね。
【2006/09/12 02:26】 NAME[ヒイラギ] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

ヒイラギさん>

こんばんは。
ほんと、力に対して力で対抗しても、それに対してまた力で対抗して・・・。
これじゃエンドレスですね

平和な世界が訪れるのは難しいかもしれないけど、せめて安心して暮らせる世界になって欲しいですね。
【2006/09/13 23:05】 NAME[やすぼん] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
やすぼん
性別:
男性
職業:
木材屋
自己紹介:
1級建築士試験記録
H14 学科落ち
H15 製図ランクⅡ
H16 製図ランクⅢ
H17 製図ランクⅣ
H18 製図ランクⅡ
H19 合格!

リンク

最新コメント

最新記事

ブログ内検索

カウンター

お天気情報

counter

free 1

free 2